技術職(エンジニア)のオンライン面接を実施しました。

エンジニア

9月10日、弊社の技能実習生の通訳として1名の採用枠に応募してくれた求職者のオンライン面接を実施しました。今年に入ってコロナの影響がベトナムでも大きくなり、日本への渡航が出来ない状態が続いているのでコロナ前のように求人票を出せばたくさん応募がくるという状態ではありません。

実際に面接するまで応募してくれた人に対して企業の説明を前段階で行い、十分仕事の内容を理解してもらいます。これが非常に大事なことで、企業側の採用したい人のイメージと応募者が思っている仕事のイメージが違うとせっかく長い時間をかけて在留資格、VISAを取得して渡航してもすぐに離職してしまうということになってしまうからです。

企業の説明はAsia Human Gateway Vietnamのハノイで行いますが、中和石油の日本側と一体運営なので情報を正確に伝えられます。これが我々の強みであると自信をもっています。企業説明を実施するときに同時に求職者の一次面接を兼ねて行っているので、企業側の希望条件に合わない求職者や素行不良や日本の企業で働くことにそぐわない人は本面接参加を遠慮してもらうこともあります。特に経歴は日本と違って正確な経歴を記載しているかということをチェックします。これもベトナムに現地法人があるからこそ可能なことだと思います。

本面接はここ1年半は日本とベトナムの往来が出来ないのでオンライン面接で行います。一般的にエンジニアは求人に対して2人以上本面接参加が決定したら行うようにしています。

オンライン面接を受けるエンジニア候補者

今回の求人職種は通訳なのでJLPT日本語試験N2が条件です。事前に日本語会話能力もチェック済みなのでスムーズにオンライン面接を開催することができました。面接の結果は一般的に1週間以内に本人に通知します。今回、合格者は2名。中和石油と連携する監理団体のスタッフやが実習生の管理スタッフとして働いてもらいます。エンジニアの在留資格は合格通知後から書類を準備して2か月から3か月で在留資格取得出来ます。現在、1月24日から日本大使館でVISAの発行業務がストップしているのでVISA発給手続き最後、日本へ渡航することになります。

※他の会社のオンライン面接の様子https://asiahumangateway.com/?p=612